遺産分割協議による相続の登記申請書、委任状

相続登記を司法書士にご依頼いただいた場合、登記申請書、委任状を含めた必要書類の全てを司法書士が作成します。したがって、ご依頼者様が登記申請書や委任状の作成について知る必要はありません。

このページでは相続登記の申請書および委任状の記載例をご参考までに掲載しますが、ご自分で登記をしようとされている方以外はとくにご覧になる必要も無いかと思われます

遺言書による場合法定相続による場合については、それぞれのページをご覧ください。また、ご自分で相続登記をしようと思われている方は、次の「はじめに(登記を自分でしようとされている方へ)」をぜひお読みください。

目次
1.はじめに(相続登記をご自分で手続きしたい方へ)
2.登記申請書記載例
3.委任状記載例

1.はじめに(相続登記をご自分で手続きしたい方へ)

登記申請書については、注意事項としてかなり詳しい解説を加えているので、ご自分で登記をしようと考えられている方にも役立つと思います。その分、非常に細かい話も書いていますから、初めての方には難しい記載が多くなっているかも知れません。

登記申請書の記載はだいたい合っていれば良いというものではなく、完璧でなければ登記は完了しません。申請書を提出した後に、再び法務局へ出向くことで補正が可能なレベルの間違えであればまだ良いですが、補正が不可能であれば一旦取り下げて再び登記申請をしなければならないこともあります。

不動産登記は、土地や家という高額な財産の権利について公示しようとするものです(権利の登記)。したがって、手続きは厳格でなければならず、かつ、定型化するのが困難であるため、専門家以外の方が自分でおこなうことを前提としていません。よって、自分で手続きをするならば、それなりの覚悟が必要だと思われます。

それでも、数次相続が発生している場合などの特殊なケースを除けば、時間と手間を惜しまないならばご自分でおこなうことも可能ではあります。実際に手続きをするにあたっては、書籍やインターネットなどで調査したうえで、必要書類の収集および登記申請書の作成をしてから、法務局に行って確認を受けるのが良いでしょう。

近年は一般の方向けの相談窓口がある法務局が多いですから相談しやすくなっています。登記申請書を提出するのはそれからですが、初めて登記をする方の場合には、その日のうちに申請をするまでに至るのは難しい場合が多いと思われます。2回目で受け付けてもらえれば上出来だとのイメージでしょうか。

登記が完了した後にも、登記識別情報通知書や登記事項証明書などを取りに再び法務局に行くのが通常です。法務局は平日の昼間しかやっていませんから、その時間が取れることもご自分で相続登記をするための必須条件だといえます。

なお、ここに掲載する相続登記申請書は、紙の申請書の例です。司法書士が相続登記申請をする際は、オンライン申請をするのが通常なので、実際には、この例のような相続登記申請書を使用しているわけではありません。あくまでも、紙申請するのであれば、このような登記申請書になるという例です。

2.登記申請書記載例(相続による所有権移転登記)

不動産登記申請書は、A4用紙に横書きで作成します。用紙が2枚以上になる場合は、割印(契印)が必要です。

登記申請書

登記の目的    所有権移転

原因    平成24年  1月  ○日  相続

相続人    (被相続人  松戸一郎)

             千葉県柏市柏一丁目1番○号

松戸    花子

添付書類    登記原因証明情報    住所証明書    代理権限証書

平成24年  7月  ○日申請  千葉地方法務局松戸支局  御中

代理人    千葉県松戸市松戸○番地の1

松戸    一郎  (印)

            連絡先の電話番号    047-703-3201

課税価格    金1,000万円

登録免許税    金4万円

不動産の表示

不動産番号  0402000012345
所在  松戸市松戸
地番  1176番2
地目  宅地
地積  100平方メートル

不動産番号  0402000012346
所在  松戸市松戸1176番地2
家屋番号  1176番2
書類  居宅
構造  木造瓦葺2階建
床面積  1階50平方メートル  2階50平方メートル

記載内容についての注意事項

1.登記の目的

被相続人が単独で所有者していれば「所有権移転」と書きますが、共有名義だった場合には「(被相続人の氏名)持分全部移転」となります。本例であれば、松戸一郎持分全部移転となるわけです。なお、相続により持ち分の一部が移転することは無いので「(被相続人の氏名)持分一部移転」という登記はありません。

2.原因

相続が開始した日(被相続人の死亡の日)を記載します。遺産分割による相続登記であっても、登記原因年月日は遺産分割協議が成立した日ではありません。

3.相続人

被相続人の名前をカッコ書きした後に、不動産を相続する方の住所氏名を記載します。もしも、2名以上の共有名義で登記する場合には、次のように氏名の前に持分を書きます。

住所は、住民票に記載されているのと一言一句違うことの無いよう正確に書かなければなりません。たとえば、「一丁目1番1号」を「一丁目1-1」や「一丁目1番地の1」と書いては駄目です。また、一丁目のところまでは漢字で書くのが正式です。

相続人    (被相続人  松戸一郎)

             千葉県野田市○○町一丁目1番○号

持分2分の1    流山    太郎

             千葉県我孫子市○○町一丁目1番○号

持分2分の1    市川    花子

4.添付書類

登記原因証明情報としては、被相続人の出生から死亡に至るまでの全ての戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)および除住民票、法定相続人全員の戸籍謄本、および遺産分割協議書(相続人全員の印鑑証明書付き)が最低限必要です。

住所証明書は、申請人(相続により不動産の登記名義人となる方)のものです。登記原因証明情報、および住所証明書として提出する書類は相続関係説明図などを提出することにより登記完了後に返却してもらうことができます(原本還付)。

代理権限証書とは委任状を指します。したがって、代理人により登記申請する場合のみ、添付書類として代理権限証書を記載します。添付書類について詳しくは、相続登記の添付書類をご覧ください。

5.代理人

代理人により登記し申請する場合のみ、代理人の住所氏名を記載し、押印します。相続人が自分で登記申請する場合の記載例は次のとおりで、相続人の氏名の後に押印します。

登記申請書

登記の目的    所有権移転

原因    平成24年  1月  ○日  相続

相続人    (被相続人  松戸一郎)

             千葉県柏市柏一丁目1番○号

松戸    花子  (印)

添付書類    登記原因証明情報    住所証明書    代理権限証書

平成24年  7月  ○日申請  千葉地方法務局松戸支局  御中

課税価格    金1,000万円

登録免許税    金4万円

不動産の表示  (省略)

6.課税価格、登録免許税

課税価格は不動産の固定資産評価額です(1,000円未満の金額は切り捨て)。登録免許税額は課税価格の1000分の4(0.4%)です(100円未満の金額は切り捨て)。オンラインで登記申請する場合には最高3000円の軽減が受けられます。

7.不動産の表示

不動産の登記簿謄本(登記事項証明書)に書かれているとおり正確に記載します。土地の地番は「○番○」なのに対し、建物の所在は「松戸市松戸○番地○」で、家屋番号が土地と同じく「○番○」となります。

細かい話ではありますが、司法書士以外が専門した申請書や遺産分割協議書などでは、間違っているケースが非常に多いのでご注意ください。

マンション(敷地権付区分建物)の場合の記載例は次のとおりです。登記事項証明書の「表題部(一棟の建物の表示)」に「建物の名称」(本例では我孫子マンション)が記載されている場合には、一棟の建物の表示の「構造」、「床面積」を省略できます。

もし、建物の名称が登記されていなければ、原則どおり全てを記載する必要があります。たとえば、10階建てのマンションであれば1階から10階までの全ての床面積なども書かなければならないわけです。少し古めのマンションでは、このようなケースも珍しくありません。

不動産の表示

一棟の建物の表示
 所在     我孫子市我孫子一丁目1番地1
 建物の名称  我孫子マンション
専有部分の建物の表示
 不動産番号  0424001211111
 家屋番号  我孫子一丁目1番1の1000
 建物の名称  1000
 種類     居宅
 構造     鉄筋コンクリート造1階建
 床面積   20階部分 100.00㎡
敷地権の表示
 所在及び地番 我孫子市我孫子一丁目1番1
 地目     宅地
 地積     30000.00㎡
 敷地権の種類 所有権
 敷地権の割合 4000000分の10000

3.委任状記載例(相続を原因とする所有権移転登記)

登記申請の委任状には、絶対にこう書かなくてはならないとの決まりはありませんが、委任事項を漏らさずに記載することが大切です。また、登記識別情報通知書を代理人が受領するには、その旨の委任も必要です。

委任状

千葉県松戸市松戸○番地の1
司法書士  司法 太郎

私は、上記の者を代理人と定め、下記の不動産登記申請に関する一切の権限、及び登記識別情報通知を受領する権限を委任する。

1.登記の目的    所有権移転

2.原因    平成24年  1月  ○日  相続

3.相続人    (被相続人  松戸一郎)

             千葉県柏市柏一丁目1番○号

松戸    花子

4.不動産の表示  後記記載の通り

平成24年  7月  ○日

             相続人    千葉県柏市柏一丁目1番○号

松戸    花子    (印)

不動産の表示

不動産番号  0402000012345
松戸市松戸1176番2の土地

不動産番号  0402000012346
松戸市松戸1176番地2  家屋番号  1176番2の建物

相続登記の関連情報

相続登記についての、その他の情報は下記のページをご覧ください。

遺産分割協議による相続登記(不動産の名義変更)

不動産相続登記の必要書類

相続のよくある質問

このページの先頭へ