遺贈登記申請書・委任状の作成について

不動産の遺贈による所有権移転登記を司法書士にご依頼いただいた場合、登記申請書、委任状を含めた必要書類の全てを司法書士が作成します。したがって、ご依頼者様が登記申請書や委任状の作成について知る必要は無いのですが、記載例をご参考までに掲載します。

なお、ここに掲載する遺贈登記申請書は、紙の申請書の例です。司法書士が贈与登記の申請をする際は、オンライン申請をするのが通常なので、実際には、この例のような遺贈登記申請書を使用しているわけではありません。あくまでも、紙申請するのであれば、このような登記申請書になるという例です。

1.登記申請書記載例(遺贈を原因とする所有権移転登記)

1-1.遺言執行者の選任がある場合

不動産登記申請書は、A4用紙に横書きで作成します。用紙が2枚以上になる場合は、割印(契印)が必要です。

登記申請書

登記の目的  所有権移転

原因  平成24年 1月 ○日 遺贈

権利者 千葉県松戸市松戸本町○○番地

流山 一郎

義務者 千葉県流山市松ヶ丘一丁目○○番地

亡 我孫子 花子

添付書類 登記識別情報(または、登記済証) 登記原因証明情報
     印鑑証明書 住所証明書 代理権限証書

平成24年 7月 ○日申請 千葉地方法務局松戸支局 御中

代理人 千葉県松戸市松戸○番地の1

松戸 一郎 (印)

     連絡先の電話番号 047-703-3201

課税価格 土地 金1,000万円
     建物 金500万円

登録免許税 金30万円
      内訳 土地 金20万円
         建物 金10万円

不動産の表示

不動産番号  0402000012345
所在  松戸市松戸
地番  1176番2
地目  宅地
地積  100平方メートル

不動産番号  0402000012346
所在  松戸市松戸1176番地2
家屋番号  1176番2
書類  居宅
構造  木造瓦葺2階建
床面積  1階50平方メートル  2階50平方メートル

記載内容についての注意事項

1.登記の目的

不動産(土地・建物)を遺贈者(遺言者、被相続人)が単独で所有者している場合には「所有権移転」と書きますが、共有であれば「(被相続人の氏名)持分全部移転」となるので、本例であれば、松戸一郎持分全部移転と書きます。

2.原因

登記原因は、包括遺贈、特定遺贈いずれの場合でも「遺贈」とします。遺贈の効力は、原則として遺言書の死亡のときに生じるので、遺言者の死亡の日を書きます。

3.権利者

受遺者(登記権利者)の住所氏名を、住民票の記載どおりに書きます。持分の移転の場合には、下記のように、氏名の前に持分を書きます。

権利者 千葉県野田市○○町一丁目1番○号

持分2分の1 流山 太郎

4.義務者

遺贈者(登記義務者)の住所氏名を書きます。遺贈者の最後の住所と、登記簿上の住所とが相違する場合には、事前に所有権登記名義人住所変更登記が必要です。また、氏名が異なる場合も、所有権登記名義人氏名変更登記をします。

また、本事例のように遺言執行者ではない代理人により登記申請する場合には、遺言執行者の表示は不要です。

5.添付書類

登記識別情報(登記済証) 遺贈者が所有権を取得した際のもの

登記原因証明情報 遺言書、遺言者が死亡した旨の記載のある戸籍謄本(除籍謄本)です。また、受遺者の戸籍謄本も必要です。遺言者と受遺者の死亡の前後が遺言の効力にかかわるからです。

印鑑証明書 遺贈執行者のもの。発行後3ヶ月以内

住所証明書 受遺者の住民票

代理権限証書 遺言執行者の資格を証する書面(遺言書、遺言者の死亡の記載のある戸籍謄本など)、遺言執行者、受遺者から登記申請代理人(司法書士)への委任状など。

6.課税価格、登録免許税

課税価格は不動産の固定資産評価額です(1,000円未満の金額は切り捨て)。登録免許税額は課税価格の1000分の20(2%)です(100円未満の金額は切り捨て)。

7.不動産の表示

不動産の登記簿謄本(登記事項証明書)に書かれているとおり正確に記載します。マンション(敷地権付区分建物)の場合の記載例は次のとおりです。

不動産の表示

一棟の建物の表示
 所在     我孫子市我孫子一丁目1番地1
 建物の名称  我孫子マンション
専有部分の建物の表示
 不動産番号  0424001211111
 家屋番号  我孫子一丁目1番1の1000
 建物の名称  1000
 種類     居宅
 構造     鉄筋コンクリート造1階建
 床面積   20階部分 100.00㎡
敷地権の表示
 所在及び地番 我孫子市我孫子一丁目1番1
 地目     宅地
 地積     30000.00㎡
 敷地権の種類 所有権
 敷地権の割合 4000000分の10000

(注)登記事項証明書の表題部(一棟の建物の表示)に、「建物の名称」(本例では我孫子マンション)が記載されている場合には、一棟の建物の表示の「構造」、「床面積」を省略できます。建物の名称が登記されていなければ、原則どおり全てを記載する必要があります。

1-2.遺言執行者の選任がない場合

不動産登記申請書は、A4用紙に横書きで作成します。用紙が2枚以上になる場合は、割印(契印)が必要です。

登記申請書

登記の目的  所有権移転

原因  平成24年 1月 ○日 遺贈

権利者 千葉県松戸市松戸本町○○番地

流山 一郎

義務者 千葉県流山市松ヶ丘一丁目○○番地

亡我孫子花子 相続人 野田甲吉

    千葉県柏市旭町一丁目○○番○号

亡我孫子花子 相続人 市川乙郎

添付書類 登記識別情報(または、登記済証) 登記原因証明情報
     印鑑証明書 住所証明書 相続証明書 代理権限証書

平成24年 7月 ○日申請 千葉地方法務局松戸支局 御中

代理人 千葉県松戸市松戸○番地の1

松戸 一郎 (印)

     連絡先の電話番号 047-703-3201

課税価格 土地 金1,000万円
     建物 金500万円

登録免許税 金30万円
      内訳 土地 金20万円
         建物 金10万円

不動産の表示

不動産番号  0402000012345
所在  松戸市松戸
地番  1176番2
地目  宅地
地積  100平方メートル

不動産番号  0402000012346
所在  松戸市松戸1176番地2
家屋番号  1176番2
書類  居宅
構造  木造瓦葺2階建
床面積  1階50平方メートル  2階50平方メートル

記載内容についての注意事項

1.登記の目的

不動産(土地・建物)を遺贈者(遺言者、被相続人)が単独で所有者している場合には「所有権移転」と書きますが、共有であれば「(被相続人の氏名)持分全部移転」となるので、本例であれば、松戸一郎持分全部移転と書きます。

2.原因

登記原因は、包括遺贈、特定遺贈いずれの場合でも「遺贈」とします。遺贈の効力は、原則として遺言書の死亡のときに生じるので、遺言者の死亡の日を書きます。

3.権利者

受遺者(登記権利者)の住所氏名を、住民票の記載どおりに書きます。持分の移転の場合には、下記のように、氏名の前に持分を書きます。

権利者 千葉県野田市○○町一丁目1番○号

持分2分の1 流山 太郎

4.義務者

遺言執行者の選任がない場合、遺言者の法定相続人全員が登記義務者なります。そのため、法定相続人全員の住所氏名を書きます。

5.添付書類

登記識別情報(登記済証) 遺贈者が所有権を取得した際のもの

登記原因証明情報 遺言書、遺言者が死亡した旨の記載のある戸籍謄本(除籍謄本)です。また、受遺者の戸籍謄本も必要です。遺言者と受遺者の死亡の前後が遺言の効力にかかわるからです。

印鑑証明書 相続人全員のもの。発行後3ヶ月以内

住所証明書 受遺者の住民票

相続証明書 登記義務者が遺言者の相続人であることを証する戸籍謄本等。

代理権限証書 受遺者および遺言者の法定相続人全員から、登記申請代理人(司法書士)への委任状など。

6.課税価格、登録免許税

課税価格は不動産の固定資産評価額です(1,000円未満の金額は切り捨て)。登録免許税額は課税価格の1000分の20(2%)です(100円未満の金額は切り捨て)。

7.不動産の表示

不動産の登記簿謄本(登記事項証明書)に書かれているとおり正確に記載します。マンション(敷地権付区分建物)の場合の記載例は次のとおりです。

不動産の表示

一棟の建物の表示
 所在     我孫子市我孫子一丁目1番地1
 建物の名称  我孫子マンション
専有部分の建物の表示
 不動産番号  0424001211111
 家屋番号  我孫子一丁目1番1の1000
 建物の名称  1000
 種類     居宅
 構造     鉄筋コンクリート造1階建
 床面積   20階部分 100.00㎡
敷地権の表示
 所在及び地番 我孫子市我孫子一丁目1番1
 地目     宅地
 地積     30000.00㎡
 敷地権の種類 所有権
 敷地権の割合 4000000分の10000

(注)登記事項証明書の表題部(一棟の建物の表示)に、「建物の名称」(本例では我孫子マンション)が記載されている場合には、一棟の建物の表示の「構造」、「床面積」を省略できます。建物の名称が登記されていなければ、原則どおり全てを記載する必要があります。

2.委任状記載例(遺贈を原因とする所有権移転登記)

登記申請の委任状には、絶対にこう書かなくてはならないとの決まりはありませんが、委任事項を漏らさずに記載することが大切です。また、登記識別情報通知書を代理人が受領するには、その旨の委任も必要です。

本例は、遺言執行者の選任がある場合です、遺言執行者の選任がない場合は、申請書の例を参考にして作成してください。

委任状

千葉県松戸市松戸本町○○番地
流山 一郎

私は、上記の者を代理人と定め、下記の不動産登記申請に関する一切の権限、及び登記識別情報通知を受領する権限を委任する。

1.登記の目的 所有権移転

2.原因 平成24年 1月 ○日 遺贈

3.権利者 千葉県松戸市松戸本町○○番地

流山 一郎

4.義務者 千葉県流山市松ヶ丘一丁目○○番地

亡 我孫子 花子

5.不動産の表示  後記記載の通り

平成24年 7月 ○日

委任者 千葉県柏市旭町一丁目○○番○号

亡我孫子花子遺言執行者 市川 乙郎 (印)

不動産の表示

不動産番号 0402000012345
松戸市松戸1176番2の土地

不動産番号 0402000012346
松戸市松戸1176番地2 家屋番号 1176番2の建物

このページの先頭へ